出会い系のうそ・ほんと

出会い系で働いてました。。

悪徳業者を簡単に見破る方法

悪徳出会い系出会い系業界で働いていた元社員が悪徳な出会い系サイトの特徴を暴露します。

実は悪徳業者か見分けるのは登録前にたった1か所だけ見ればすぐに見抜けられます

それでは悪徳出会い系サイトの特徴を説明致します。

 

悪徳要素のない評価が高い優良出会い系サイト一覧

出会い系のうそ・ほんとでは、元業界人の暴露と、実際のユーザーの評価・口コミで優良か悪徳か判断しています。 評価の高い優良サイトは優良出会い系サイト一覧 にて紹介しています。

 

悪徳出会い系サイトの特徴-料金

出会い系サイトに入会する前にまず確認して頂きたいのは料金表です。ここを登録前に見ればほぼ悪徳サイトを回避できます。

 

1.メール送信ポイント

99%の悪徳出会い系サイトに共通する特徴が料金です。とくにメール送信ポイントに注意して下さい。

当サイト「出会い系のうそほんと」で優良として分類しているのワクワクメールハッピーメールPCMAXなどはメール1通送信あたり5ポイント(50円)に対し、悪徳な出会い系サイトはメール一通300円~1,000円以上と超高額です。

だいたい2~4通送ると無料ポイントが無くなる設定になってます。

そして悪徳業者はここが飯の喰い所なので、この先も高額なメール送信ポイントが変わる事はほぼないと思います。

 

2.連絡先交換

悪徳出会い系サイトのほとんどに見られる項目ですが、そもそも連絡先交換は優良サイトにはほぼ見られません

そして大抵金額が300~1,000ポイント(3,000円~10,000円)となっており、あまり常識的な金額ではありません。

さらに大体の悪徳出会い系サイトがそうなのですが、連絡先交換には正規会員の登録が必要です、条件はポイントの初回購入です。などと更に課金を迫られ、酷い業者になると更にそこから解除手数料や解除システムの設置などという名目で30,000円~50,000円を請求してきます。

 

これだけでほぼ問題なし

どんなにキレイなサイト作りでも、どんなに優良サイトっぽくても、これだけはほんと共通しています。

正直この2つのどちらか一つを確認できれば、悪徳な出会い系サイトに引っかかる事はほぼ皆無です。

なので後の特徴は補足程度で構いません。。。

 

完全無料も罠

時より「完全無料!出会い系サイト」などありますが、これも罠です。

無料出会い系サイトの詳しい説明はコチラにて記事にしております。

完全無料の出会い系はありえない

 

悪徳出会い系に登録してしまったら

もし悪徳な出会い系サイトに登録してしまい、迷惑メールがたくさん届いてしまうようでしたら

スパムや迷惑メールをピタリと止める方法

 

サクラ?本物?

やり取りしている相手が、サクラか本物の人間か判断に迷う時は

元出会い系業者が明かす、サクラの手口とメールの特徴

 

悪徳出会い系サイトの特徴-利用規約

読むのが面倒くさくて見落としがちな利用規約です。確かに長々と難しい文字が綴られていて見送りがちです。

しかし要所のみ見ればすぐ見分けられます

そしてサイトによってはサクラの存在がハッキリと記載されています。

 

1.都合の悪い内容は最後の方

悪徳内容は大抵利用規約の最後の方にあります。大抵の人は最初の方を読んだら利用規約のページを離脱します。

これも地味な対策ですが効果があるので大抵の悪徳サイトで共通してます。

大体が15条~20条あたりに怪しい内容が書いてありますので、その辺りに目を配らせましょう。

 

2.サクラの示唆

悪徳出会い系サイトによっては利用規約にぼかして書いてあったり、はっきりと書いてある場合があります。

例えば↓

当社が任意で作成したキャラクターが登録することもございます。このキャラクターは会員の利用の状況とサイト活性化のための登録とし、メール交換には定められた通常のポイント消費が行われる

~中略~

メール交換内容はフィクションと見做し、キャラクターの実在の有無、職業、年齢、性別、添付される写真の内容等を保障するものではありません。

キャラクターという名のサクラの存在を完全に明記してます。さらにメールの内容はフィクションとまで言っちゃってます。

さらにほんのりバージョンはこんな感じです↓

当サイトを利用する場合において、異性の関心を引く為に自らの身分的・経済的情報及び、財産関係を実態より多少の誇張表現を用いることができます。

意外とサクラについて利用規約に記載されているものなんですよね…。

なぜこのような記載があるかというと、近年は悪徳サイトであれば、普通のユーザーでも弁護士を通して課金してしまったお金を返金してもらう傾向があります。

なので利用規約にこのような記載があれば、悪徳行為や詐欺行為ではないと悪徳業者が反論できるからです。

それでも大抵返金されるんですが。。。

 

3.同時登録

知らない出会い系サイトからメールが来た!というのは大抵規約に書いてあるこの部分です。

悪徳サイトによっては同時登録されるサイトも明記されています。

大抵は利用規約内に「スポンサーサイト」と明記されているので、この文字には気を付けましょう。

キレイなサイトに見せかけて、本命は同時登録先の悪徳サイトを利用させるのが目的だったり、中には「完全無料」と謳っていて、いざ登録すると何十サイトにも登録されたりします。

なかでも「モビモバ」は利用規約に同時登録先サイトがなんと92個も記載されています。

出会い系のうそほんとの管理人は調査でモビモバに登録した3週間後、メール受信数が1日1万3千通を超えるというもはや暴力を喰らいました。

 

悪徳出会い系サイトの特徴-会社概要

次に悪徳な出会い系サイトの特徴として挙げるのは、会社概要です。

悪徳業者の会社概要は大抵画像でアップされていることが多いです。

なぜ会社概要が画像なのかは、悪徳サイトなりのすごく地味な対策なのですが、その効果を紹介します。

 

検索に引っかからない

まず第一は画像だと検索に引っかかりません。

グーグルなどの検索エンジンはクローラーと呼ばれるロボットが基本的にテキスト(文字)を読み込み検索されるキーワードを拾って検索順位を決めます。

しかしそのクローラーは画像を読み込む力がなく、たとえ画像に文字が書かれていてもキーワードとして読み込めません。

なので会社概要の社名・住所・代表者名などを画像にすることにより検索に表示されず、ネットからは調べられないようになります。

これが地味に効果を発揮して、悪徳サイトだ!ってなって情報をいくら検索しても出て来なければ諦めてしまうケースが見込めるからです。

なぜ検索されたくないかはお分かりかと思いますが、会社概要自体が出鱈目だったりするからです。

最近はユーザーが弁護士を通してお金を返してもらう事が多くなったので会社概要をそれなりに記載(それでも画像)することは増えましたが、未だ住所を調べてみるとなんら関係なさそうな民家だったり、飲食店だったりします。

ちゃんとした会社概要を載せていても、悪徳サイトを新しく立ち上げては潰すを繰り返す業者にとって、画像で乗せる事はもはやルーティンワークと化しています。

 

会社概要が画像か確かめる方法

PCの場合だと、会社概要の部分をドラッグしてみると画像だとすぐに見分けられますが、スマホの場合は会社概要の部分をロングタップ(長押し)してみましょう。テキストの場合は文字部分をコピーする選択になりますが、画像なら会社概要の部分丸ごと選択されます。

 

 

悪徳出会い系サイトの特徴-届出番号

インターネット異性紹介事業届番号の有無を見ればいいという意見もありますが、正直悪徳業者でもこの番号は取得しやすく、そもそも取得しなくても適当な番号を載せている恐れがありますので、この項目はあまりあてにしない方が無難です。

 

悪徳出会い系サイトの特徴-その他

これ以外にも悪徳な出会い系業者の判断材料はあるのですが、サーバ情報やドメイン情報だったり、メール送信経路だったりで、一般の人は聞きなれない上に調べ方が分からないと思いますので、それは当サイト「出会い系のうそほんと」にて調査致しております。

気になる悪徳出会い系サイトがあれば悪徳出会い系サイトより検索できますので、お気軽に「出会い系のうそほんと」をご利用頂ければ幸いです。

 

評価の高い優良出会い系サイト一覧

出会い系のうそ・ほんとでは、元業界人の暴露と、実際のユーザーの評価・口コミで優良か悪徳か判断しています。 評価の高い優良サイトは優良出会い系サイト一覧 にて紹介しています。

安全なオススメ優良出会い

運営15年目は優良の証!
無料PTだけで20人もアタック可能!

PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

オススメ記事

優良「PCMAX」関連記事

優良「ワクワクメール」関連記事

優良「ハッピーメール」関連記事

優良「YYC」関連記事

公開日:
最終更新日:2015/10/10