出会い系の「サクラ」とは?

サクラとは

人肌恋しい寂しさを解消してくれる出会い系サイトやマッチングアプリ。

今や上場企業まで参入してくるほど巨大なマーケットです。

しかし光あれば影もあり。

規模が大きくなればその分、悪い人たちもはびこります。

出会い系における悪、それはすなわち「サクラ」です。

当ページでは出会い系におけるサクラについて元出会い系業界の当サイト管理人が解説致します。

 


■元出会い系業者が言い切るサクラのいない出会い系サイト

■サクラのいない出会い系・マッチングアプリはこちら

 

サクラの語源

サクラはその名の通り春に見る「桜」が語源です。

起源は江戸時代までさかのぼり、特定の客にタダで見せる代わりに盛り上がる場面で掛け声を上げてもらう行為を「サクラ」と呼んでいたことが始まりだそうです。(wikiなどより)

つまり桜のようにきらびやかに演出することから生まれた隠語です。

それが悪い方向に進化していきます。

例えば飲食店などがサクラを雇って偽の客で行列を作り、あたかも繁盛しているかのように見せたりする手法などが多くみられる例です。

プロレスやパチンコ店、近年はネットの口コミ(ステルスマーケティング、通称ステマ)に至るまでサクラは存在します。

とある国では「国を批判する人や記事を批判する書き込みをする人」に対し政府が報酬を出す、なんて国もあるくらいです。(こないだニュースでやってました)

このようにサクラとは大雑把にまとめると昔から「盛り上げる為のニセ行為」という共通があります。

 

出会い系における「サクラ」

本題の出会い系のサクラです。

出会い系が盛り上がっているように見せかける為、運営に関わる人が出会い系内で本当のユーザーと「偽」のやり取りする行為が出会い系における「サクラ」です。

「偽」のやり取りなので、当然会う事はできません。

そもそもやり取りしている相手はこの世に存在しないのですから。

プロフィール上は女性でも、メッセージを送る人間はほぼ「男性」です。

ただサービスを盛り上がる為の「少々のサクラ」なら社会問題にまでなっていなかったんですが、出会い系におけるサクラの実態は、とんでもないモノなのです。

 

サクラがいる出会い系の実態

サクラがいる出会い系の実態は、恐ろしいものです。

何故かと言うと、

「サクラが紛れている」

ではなく

「サクラしかいない」

だからです。

つまり

「この女性はサクラっぽいから別の女性にアタックしてみるか…」

と考えても、次の女性もサクラです。

どんなに女性を変えても、サクラとしかやり取りできません。

そう、ユーザー検索で出て来る異性、メッセージを送ってくる異性は全て「サクラ」で、本当の会員は「ゼロ」なのです。

それはなぜか?

理由は単純で、その方が運営が「効率よく儲かる」からです。

 

サクラしかいない出会い系の実態

出会い系の会員比率は、ほぼ男性のほうが圧倒的に多いです。

なので女性には多数の男性からメッセージが殺到します。

プロフィールが魅力的な女性であれば軽く100通以上はメッセージが送られてくるでしょう。

そして女性が返信する男性は1人、多くても3人程です。

なのでほとんどの男性は返信が来ず、そのうち諦めて出会い系の利用を辞めてしまいます。

しかしどの女性にメッセージを送っても相手がノリノリで返信して来たらどうでしょう。

やはり舞い上がってしまいますよね。

というより、こちらが送る前に多数の相手からノリノリのメッセージが送られてきます。

人間は欲望に駆られると、判断力が鈍ります。

とくに男性は性欲に目がくらんでいる状態だと冷静な判断がほぼできません。

そして多額のポイント購入を…

というユーザーを取りこぼさない為の「オールサクラ」システムなのです。

その他にも、実際に出会える出会い系を運営する為には法律問題をクリアし、公安に事業届け出をしなくてはいけません。

それが面倒なので

「絶対出会えないから出会い系っぽいけど出会い系じゃない」

というトンデモ理論があります。

その詳しく書いた記事は以下にあります。


また、そのような悪徳サイト・アプリによって利用規約に「サクラいるよ」と親切(?)に載せている場合があります。

そちらも詳しくは以下の記事でまとめています。


 

サポートもサクラ

サクラ行為をしている出会い系は、サポートもサクラのようなものです。

というのも、偽のキャラクターを演じているサクラと運営サポートデスクの人間は大抵同一人物だからです。

大抵は運営サポートデスクから「連絡交換する為にはシステム解除料金の為、○万円のポイント購入をしてください」なんて促されます。

しかし実は連絡先交換したい相手と、ポイント購入を促す運営サポートデスクは同じ人、という事です。

その方が仕事としての意思決定が速いので、ある意味合理的ですね。

いや、合理的でもやっちゃダメですけど。

 

サクラの実態

サクラのプロフィールはとても魅力的です。

とにかく顔写真が美男美女です。

しかしこの顔写真、実は台湾や韓国などの女性のブログなどを無断転載した写真がほとんどです。

酷い場合は比較的知名度の低い芸能人の写真などを勝手に使う場合もあります。

なのでGoogleで画像検索をかけてみると大抵ヒットします。

(画像検索対策で画像を左右反転などの加工が施されている場合が最近は多いですが。)

Sunshineの登録ユーザー顔写真

上記サイトのユーザー顔写真はホストや中国人のSNS写真を切り取った画像や、中には俳優の岡田●●の画像が使われていまいした

出会い系【Sunshine】の口コミ評判と悪質か調査より

 

Emeraldログインメンバー1

コチラは日本の芸能人のブログ写真などを転載してました

出会い系【Emerald】の口コミ評判と調査より

 

なので実際は、写真とは全く無関係の運営社員(ほぼ男)や雇われたバイト(ほぼ男)が成りすましてパソコンのサイト・アプリ管理画面からユーザーにメッセージを送信しています。

ちなみにサクラサイト・アプリの大抵は、最初のメッセージは予め作成されたメッセージを自動で配信しています。

その自動メッセージはユーザーの名前や登録地域も自動で挿入できるようなシステムがほとんどなので巧妙です。

自動メッセージはとてつもなく用意されていて、ユーザーが退会するまでひたすら送りつけます。

これが主に「出会い系からの迷惑メール」です。

そしてユーザーから返信があると、いよいよサクラの運営社員・バイトが手打ちでやり取りを開始する仕組みです。

(時々2~3通までは予め作成された巧妙なメッセージを自動返信する場合もありますが。)

サクラは人間の欲望を巧みに突いてきます。

それは男女の出会いのみならず、お金もらえます系のサクラも多く存在します。

いろんなサクラパターンがありますので、こちらも記事でまとめてあります。


 

サクラは実際どんな人がやってる?

実際にサクラ行為をしている人は、冒頭で紹介したようにその出会い系を運営する人たちです。

大抵は運営社員が少人数で、あとはアルバイトです。

詐欺行為なので運営社員もアルバイトも、根っからの怖い人という印象を想像します。

たしかにそっちの業界の人が運営している出会い系もありました。

当時ですが私の知る限りは数百ある出会い系の内、そのような人が運営していたのは片手で数えるぐらいでした。

大抵の運営者はごく普通の一般人です。

またアルバイトは、ごく普通のフリーターです。

大体は募集時の業務内容が「データ入力」「サポートデスク」です。

ですが雇われてみれば実際はサクラ業務。

もちろん辞める人が多いです。

しかし時給は高く設定しているので面接に来る人が多く、とりあえず多く雇い、残る人を振るいにかけ、サクラ人員を確保しています。

最初はサクラ行為に抵抗・罪悪感があっても、その感覚は麻痺していき、より良い収入の為にサクラ行為に精を出す、と言った流れです。

このようにごく普通の一般人フリーターがサクラ人員に染まっていくのです。

ちなみに業界ではサクラ人員を「オペ(オペレーターの略)」と、よく呼んでいました。

 

サクラ行為は無くならない?

サクラ詐欺による被害相談は年々減少しています。

しかしサクラ行為は現状の法律や警察の体制だど無くならないでしょう。

というのもサクラ行為を警察が立件するのは非常に困難だからです。

またサクラしかいない出会い系の運営を始めるのは、結構ハードルが低いからです。

なので悪い事とは言え、ローリスク・ハイリターンで一攫千金を夢見る人が後を絶ちません。

詳しくは以下で記事にしています。


 

サクラ詐欺にあったら

もしアナタが出会い系で多額の課金をしたあげく不信感を覚えたら、国民生活センター(消費生活センター)に相談しましょう。

国民生活センターは国が運営する詐欺被害の相談窓口です。

もちろん国が運営しているので無料で相談できます。

そして相談のみならず場合によっては払ってしまったお金の返金対応までしてくれます。

相談は恥ずかしい事ではありません。

出会い系のサクラ詐欺による被害だけでも年間数千件もの相談がよせられています。

是非相談してみてください。

国民生活センター

そして重要なのが国民生活センターに相談する際は、相手に相談する事を悟られない様にしましょう。

なぜなら相手にそれを悟られると「証拠隠滅」されてしまうからです。

詳しくは以下にて記事にしています。


消費生活センターに相談
出会い系アプリ被害で消費生活センターに相談する前に必要な事

※出会い系アプリとありますが出会い系サイトでもほぼ同じ内容です。


 

サクラのいない出会い系を使うのが一番

当たり前ですが、サクラのいない出会い系を使うのが一番です。

しかし世の中の9割はサクラしかいない悪徳な出会い系です。

ちゃんとした出会い系でオススメなモノは以下にまとめてあります。


コチラは優良アプリ

上記で紹介ている出会い系以外を試してみたい方は、以下を参考にしてみてください。